最初のページへ
 私たちについて
 つくってきたもの
 今日このごろ
 お問合せ

最近のエントリー10件
12月28日より1月5日まで休業いたします
長谷の家を更新しました。
長谷の家
佃(つくだ)の家、更新しました
佃(つくだ)の家
ちょっと更新
目黒の家
こちらに書いております。
近作など
よりそういえ

月別アーカイブ
  2009年12月
  2009年07月
  2009年05月
  2009年03月
  2009年02月
  2008年11月
  2008年05月
  2008年04月
  2008年03月
  2008年02月
  2008年01月
  2007年12月
  2007年11月
  2007年10月
  2007年08月
  2007年07月
  2007年06月
  2007年05月
  2007年04月
  2007年03月
  2007年02月
  2007年01月
  2006年12月
  2006年11月
  2006年10月
  2006年09月
  2006年08月
  2006年07月
  2006年06月
  2006年05月
  2006年04月
  2006年03月
  2006年02月
  2006年01月
  2005年12月
  2005年11月
  2005年10月
  2005年09月
  2005年08月
  2005年07月
  2005年06月
  2005年05月
  2005年04月
  2005年03月
  2005年02月
  2005年01月
  2004年12月
  2004年11月
  2004年10月
  2004年09月
  2004年08月
  2004年07月
  2004年06月
  2004年05月
  2004年04月
  2004年03月





Syndicate this site (XML)
Powered by
Movable Type 2.661
12月28日より1月5日まで休業いたします

ご年末年始休業のご案内

12月28日より1月5日まで休業いたします。
新年もよろしくお願いいたします。

ページの最初にもどる | 2009年12月29日 野村聡の書込



長谷の家を更新しました。

長谷の家。更新致しました。
つくってきたもののコーナーで、私どもの設計しました長谷の家に解説を付け加えました。以前と比べてより分かりやすくその魅力をお伝えできるのではないかと考えております。これからもた補足して参りたいともいますので、ご期待ください。

ご意見など賜ればうれしく思います。

追記
2009.07.12(日)に開催されますASJ世田谷スタジオさん主催の建築家無料相談会
に私どもが出場致します。
会場は、玉川区民会館 集会室、午前11時より午後6時まで行います。
お近くの方、ご興味のある方がいらっしゃいましたらぜひご参加ください。

詳しくはこちらをご覧下さい。
サトカズの工作室
ASJ世田谷スタジオーイベント情報ページ

ページの最初にもどる | 2009年07月06日 野村聡の書込



佃(つくだ)の家、更新しました

つくってきたもののコーナーで、私どもの設計しました佃(つくだ)の家について編集を更新しました。写真に解説をつけましたので、以前と比べてより分かりやすくその魅力をお伝えできるのではないかと考えております。

ぜひご覧いただき、ご意見など賜ればうれしく思います。

ページの最初にもどる | 2009年05月11日 野村聡の書込



ちょっと更新

トップページを少しだけ変えました。
今後もどんどん変更していく予定です。

基本方針はボリュームアップとバリアフリーです。僕たちの仕事のすすめ方や内容、僕らで可能なこと、日ごろの疑問などがサラリと見渡せるような、それでいて奥行きのあるホームページにしたいと考えております。

乞うご期待!

ページの最初にもどる | 2009年03月04日 野村聡の書込



こちらに書いております。

更新ご無沙汰しております。

あれこれ動いておりますが、下記のエキサイトブログにて近況を報告しております。
サトカズの工作室

よろしくお願い致します。

ページの最初にもどる | 2008年11月11日 野村和子の書込



近作など

080530HC208.jpg
コンペ提案の外観パースです。

5月はふたつのコンペに作品を提案しました。
千葉の2世帯住宅
あえて平面図のみの提案
葛飾区の住宅
ふと思いつき、2日間で仕上げた作品
(自然体がよかったのか自分ではかなり気に入っている)

以上、よろしければご覧下さい。
ご意見ご感想など頂ければたいへんうれしく思います。

ついでに近況ですが、調布市に小さな店舗ビルを確認申請手続き中のほか、あれこれチョコマカしております。よろしければ工作室もどうぞ。

ページの最初にもどる | 2008年05月30日 野村聡の書込



よりそういえ

IMGP0050.jpg

先日行われた住宅コンペに提出した模型を下記にUPしました。
サトカズ工作室

よろしければご覧下さい。

連休はなさそうです・・・ね

ページの最初にもどる | 2008年05月03日 野村聡の書込



ひい・ふう・みい

そうでした。落語の話を忘れてましたね。

その日の最後(とり)は三遊亭夢丸さんの「三文銭」というお噺でした。ある男の出世秘話といった内容です。油問屋の人足から出世して手代(?)までになった男がいた。その男には不思議なクセがあり、時折、懐に手をやり「ひい、ふう、みい」とつぶやく。その噂を耳にしていた店の主人はあるとき男に尋ねると、一文銭を数えているのだという。懐から取り出すと赤い糸でつながれた一文銭が三枚。男の回想が始まる。

男は以前、ばくちに溺れる日々を過ごしていた。あるときとうとう運に見放され逆上した男は、着ていた服を振り回し、「この服をやるから銭をくれ」と裸になって叫んでいた。道行く人は遠巻きに除けて通る始末で誰も相手にしない。と、そこへ若い女が近寄って、銭を渡すとまともになれというようなことを言う。男は女の一言で改心する。言葉を返そうというときに女はいない。以後、男は何かあるたびにこの三文銭を数えることで、そのときの気持ちを忘れないようにしているのだった。

この男は結局店を任されるまでに出世するのだが、続きがある。蒲田の梅屋敷へ梅見に出かけた主人と男は偶然その女と再会することになり、挙げ句、結ばれることになる。結婚した二人はさらに働き、店を持つまでに至るというお話でした。

話の筋はもちろんいいのですが、男が懐で銭を数えるシーンが時折出てきます。「ひい。ふう。みい。」というフレーズがそれなのですが、深い内面性を感じさせる感覚が余韻を感じさせてくれます。懐をまさぐる仕草が聞く側の感覚と交錯するようで妙に生々しい。

もうあれからひと月になりますが、どちらともなくまた行ってみようかという話が出てきます。

ページの最初にもどる | 2008年04月13日 野村聡の書込



お白砂のわきで

080315.jpg

気がつけばもう4月ですね。3月はいろんなことがバラバラにやってきては去っていくというひと月でした。

そのなかでも面白かったのは、国立劇場で落語をききにいったことです。3月中席ということで、噺家さん、漫才師さん、奇術に浪曲と、新しい発見と驚きに満ちていました。お勧めです。1時ごろから4時過ぎまで、落語家さん6人、曲芸、漫才、浪曲、奇術、全部で10人(漫才師は2人なので正確には11人)の芸人さんが入れ替わり立ち替わりで出てきます。飽きない飽きない。

浪曲を初めて生で聴きました。東家浦太郎さんの「山の名刀」という出し物でした。丁稚奉公していた主人公が年老いた親の面倒を見るためヒマを頂いて故郷に帰るお話です。途中道を間違えて山の中を奥へ奥へ行くというと、一軒の家が見つかる。助かったとばかりに訪ねると、女が出てきて、ここは山賊の隠れ家だ。早く逃げろという。間の悪いことに山賊が返ってくる。主人公はかくれたのだが案の定、見つかって大切な守り刀も全てとられてしまう。(どうしてかは分からないけれど)置いてあった錆び付いた刀を替わりにもらって家を追い出される。主人公は逃げ出す。逃げ出す主人公の背後から山賊が鉄砲を放つ。・・・しばらくたったある日。その山賊の家に主人公がひょっこり現れる。もらった刀がたいした名刀で、すごい値段で売れたので、お返しにきた。・・・・結局、山賊は幼い頃生き別れた主人公の兄だった。年とも不思議な巡り合わせではありますが、めでたしめでたし。というストーリーです。

これをコブシと抑揚の効いた浪曲でやられると、いいですね。舞台に向いた芸なのでしょうか。声と身振り、お囃子の三味線、合いの手、これだけでこんなに盛り上がるのはすごい。臨場感と再現力。これで十分です。テレビではこの魅力は分からないと思います。一遍、舞台にいったほうがいいです。

落語の話がまだでした。それはまたということで・・・

ページの最初にもどる | 2008年03月28日 野村聡の書込



有元利夫展

080308.jpg

有元利夫さんの絵にやっとお会いできました。

どの作品も精緻なお顔が印象的でした。
幻想的な雰囲気といってしまえば簡単なのですが。それよりもなによりもゆったりした時間感覚や浮遊感がおもしろい。なんとなく倉俣史朗さんに通じるものがあるような気がしたのですが、当時の時代感覚なのでしょうか。

それから額もすばらしかった。
古いのか新しいのか、出所不明な感覚といえばよいか・・・

また来年お会いできるとよいですね。

ページの最初にもどる | 2008年03月10日 野村聡の書込



T-house

IMGP0001.jpg

ボツ案をこちらに掲載
プランニングに自信があったんだけれどなぁ・・・

ページの最初にもどる | 2008年03月06日 野村聡の書込



HC202ー展示

0803041.jpg

3月1日(土)より9日(日)まで自由が丘にあるART-Meterにて模型とパネルの展示が行われております。(12時〜18時/水曜定休)

実は今日、模型を取り替えに行ってきました。写真右のやや大振りの模型がそれです。久しぶりに色模型をつくりました。色模型というのは壁や床などに色付きの紙を貼って仕上げている模型のことなのですが、やはり見栄えが違いますね。つくってよかった。
普段は白模型といって、スチレンボードそのままの真っ白な模型をつくるのですが、素人の方が見たときにややわかりづらいし、やはり見栄えが・・・。こういう展示は一種のショーなので、サービス精神を出したというわけです。(Kからは趣味といわれております)

0803042.jpg

お店の隅にちょこんと展示されておりますので、お時間あればご覧ください。
9日に公開プレゼンテーションとのことで、やや緊張気味。
お店の場所はこちら
それから展示内容はこちらをみると参考になります。

0803043.jpg

ページの最初にもどる | 2008年03月04日 野村聡の書込



HC202ー受賞

080220.jpg

「頭のよい子が育つ家」という一風変わったタイトルの設計競技で最優秀賞をとりました。
詳しくはー>こちら

ページの最初にもどる | 2008年02月20日 野村聡の書込



HC203

IMGP0004.jpg

ある住宅コンペのためにつくった模型をこちらに掲載しました。
よろしければご覧ください。ー>サトカズの工作室

建築概要
建築面積   38.71m2(11.69坪)
建ぺい率   59.31%(60%以下OK)
1階床面積  38.71m2(11.69坪)
2階床面積  38.71m2(11.69坪)
3階床面積  31.88m2(9.63坪)
延べ床面積  109.31m2(33.00坪)
法定延床面積 91.92m2(27.75坪)
容積率    140.83%(160%以下OK)

ページの最初にもどる | 2008年02月15日 野村聡の書込



このページの最初に戻る
Copyright (C) 2004-2005 Nomura Sato Kazu Architect Associates. All rights reserved.