あいさつ
 代表者について
 事務所について
 サービスと料金について
 設計のプロセス
 Q&A

 最初のページへ
 お問合せ
設計のプロセス
設計のご依頼を受けてから建物完成まで、私たちの仕事内容とそのプロセスをご説明いたします。
一戸建ての住宅を例にしていますが、他の場合もこれに準じてすすめます。

    お客様 設計者 期間 お支払い
ご相談 ご相談の依頼

・設計条件の提示
 ご要望、お考えなどを説明して頂きます。だいたいの内容で結構です。

・敷地についての資料
 所在、範囲、敷地図など、お手元にある資料で結構です。
・必要な場合は、敷地調査も承ります。
ラフ・プランニングの作成

・設計の見本をおつくりします。
・設計条件のヒアリング
・設計案の作成
内容
・A3サイズ3〜5枚程度
コンセプト/建築概要/各階平面図/断面図/透視図または模型写真 など
・設計案の説明
2〜3週間

建物規模、作業状況により異なります。
ご相談のみ
料金3万円(税込み)
 ただし、提出書類を返却していただいた場合は料金は発生いたしません。

ご相談+敷地調査
料金10万円(税込み)

 設計監理業務委託契約をして頂く場合には、上記の料金はいずれも設計工事監理料に含まれます。
ご契約 設計監理業務委託契約書の検討
・事前に契約書を送付いたします。
・契約内容、特約などについてご検討して頂きます。

設計監理業務委託契約の締結
・上記契約書に署名捺印して頂きます。
設計工事監理の内容についての説明
設計工事監理料の見積り書の提出
設計監理業務委託契約書の提出

私どもの事務所では。四会連合協定/建築設計・監理業務 委託契約書を使用しております。
契約後、着手金のお支払い

設計工事監理料の10%を お支払い頂きます。
基本設計 お打合せ

・ご希望の条件について再度お聞きします。
・お打合せはだいたい2週間ごとに4〜5回程度となります。
・打合せ用設計図の検討と確認
・材料、仕上げ、設備などのショウルーム、サンプル、などをご覧頂きます。
・測量、地盤調査をお願いします。( 別途 )
建物のカタチを決めるための設計

・設計を前提とした敷地調査を行います。
・ご要望と敷地、実現内容との調整します。
・お打合せ内容をもとに設計図、仕様書を作成していきます。
・打合せごとに議事録を作成し提出します。
・構造・設備の検討をします。
・材料、仕上げ、設備などのショウルーム、サンプル、などを用意します。
・検討用の模型を作成します。
・建築費の概算します。
・各階平面図、断面図、立面図、内外仕様などを決定し、原設計が完了します。

原設計図を提出します。
2〜3ヶ月

期間についてはご依頼内容によりある程度調整することも可能です。
基本設計終了時のお支払い

設計工事監理料の30%をお支払い頂きます。
実施設計 実施設計図書の確認

・これまでの打合せの内容が反映されているか確認していただきます
・基本設計から変更、修正があった場合には図面、資料等をご覧の上、ご判断を頂きます。
・見積り内容について、ご確認して頂きます。

建築確認申請書

・建築確認申請書にご署名、ご捺印して頂きます。
建物の細部を決めるための設計

・実施設計図の作成
 建築費積算、施行図のもととなる図面を作成します。 ・打合せごとに議事録を作成し提出します。
・構造・設備の確定
・変更、修正事項の調整
・作業の進捗についてご報告します。
・実施設計図を作成しお客様に提出します。
・建築確認申請図書の作成し、代理いたします。
2〜3ヶ月 実施設計終了時のお支払い

設計工事監理料の30%をお支払い頂きます。
見積り・調整 ・お見積り書のご確認
・工程表の確認
・施工会社の選択、決定
・契約内容の検討、確認
・建築工事請負契約の締結
・施工会社の選択(3社)
・見積もり金額の査定、調整
・比較表等の作成
・工程の検討、確認
・金額調整に伴う設計
2週間程度

建物規模等により異なります。
 
工事請負契約 ・ご検討いただき、施工会社を決定していただきます。
・お客様と施工会社との間で建築工事請負契約を結びます。
・施工会社との間でご依頼者からの問合せ、ご要望などを伝え、調整します。
・契約に際して立ち会います。
・契約関係のご相談などに対応いたします。
2週間〜1ヶ月  
工事監理 ・着工に際して近隣へご挨拶回りをお願いいたします。
・敷地境界線の立会をお願いいたします。
・以下、工事中にご覧いただく内容
 根切り後の地盤/基礎背筋/CO打設後 の状況/構造材等のF☆☆☆☆の確認/上棟時の状況/金物類の設置状況/断熱材等の施行状況/仕上げ材料の材質、色等のサンプルチェック/など
・お引渡前の最終検査をして頂きます。
・設計図どおり施工されているか施工状況の検査を行います。
・施工者と施工前の打合せを行います。
・工程をご依頼者へ報告し、重要な施行部位については工事現場を実際にご覧いただきます。
・工事現場へは週2回程度行きます。施行期間をとおして50〜70回前後通うことになります。
・工事監理報告のホームページ設置工事現場へいくたびにホームページ上で報告を行います。
 内容は、記録写真、検査項目と検査結果、打合内容等、是正項目、是正確認などです。
・法律に定められた中間検査、完了検査、住宅金融公庫などに対応します。
・工事中の追加工事について状況を勘案の上対応します。
4〜6ヶ月 施工会社へのお支払いは請負契約の内容によって決まります。
お引渡 ・施工会社より引渡証明書、鍵、設備機器の取扱い説明書などを受け取ります。 ・竣工図面、施工期間中の記録写真等を提出します。
・一部工事が残ってしまったときは施工会社の担当者とお客様の立会のもと残工事項目を確認します。
・当該残工事の施工の工事監理をします。
工事完了時のお支払い
設計工事監理料の残額をお支払い頂きます。
アフターケア ・実際にお使いになってお気付きの点をご連絡下さい。 ・竣工後1年目に検査をいたします。
・施工会社へ手配等をします。

Copyright (C) 2004-2005 Nomura Sato Kazu Architect Associates. All rights reserved.