最初のページへ
 私たちについて
 つくってきたもの
 今日このごろ
 お問合せ
長谷の家

hase0700.jpg

広いリビングダイニングと長い書斎のあるちょっと小ぶりなローコストハウスです。

ym0075hp.jpg

○外観
長谷の家の外観です。 単純な四角いかたちをしています。部分的に少しくぼませることで、柔らかい感じを出しています。1階左手の玄関と右手の大きな窓の部分、2階のテラスを手前の面よりも少しだけ後退させています。 外壁の色はクライアントの方と一緒に検討しました。写真は竣工時のものですが、今では建物よりも緑が映えて、その上にテラスがうかんでいるようにみえます。

ym01583hp.jpg

○玄関
左の写真は玄関を入ったときの様子です。左手にリビングなどに上がっていく階段があり、その下は収納になっています。右の写真は別の方向から階段を見たところです。2階から光が降りてきて、玄関を明るく浮かび上がらせています。

ym0074hp.jpg

○リビングダイニング
階段を上がってくると2階の全景が見えます。2階は全部が一つの部屋になっています。天井のない屋根の下地がむき出しでみえる木の空間です。手前がリビング、奥がダイニング、その左手奥がキッチンになています。写真左手の大きな壁が広い空間をしっかり支えています。床はレッドパインの無垢フローリング、壁はタナクリームによる左官です。

ym0086hp.jpg

○三角の窓
ダイニングからリビングをみています。屋根の下にある三角形の開口部が鎌倉の風景を切り取っています。実はこの窓の下にはお隣の家があるのですが、こうやって高い位置では遠くの山並みや空の色だけをゆっくりと観賞することができます。

ym5991hp.jpg

○キッチン
左の写真は屋根の垂木が外まで連続しているところです。右の写真はダイニングとキッチンの様子です。キッチンは家具工事による特注品です。キッチンカウンターをシンクと脚のみに簡略化したことでコストダウンを計っています。天板はステンレス板。水栓はグローエの製品を使用しています。

ym0067hp.jpg

○書斎
リビングの大きな壁のうら側は長い本棚(約4.5m)のある書斎になっています。横長の窓からは裏手の崖の緑が見えます。

ym0065hp.jpg

○概要
 こちらのお住まいの敷地は尾根に囲まれた山の中腹にあります。北東南の3方を崖や樹木に囲まれ、西側は視界が開き、山並を遠望できます。表通りからわずかに入っただけなのに豊かな自然の息づかいが感じられます。敷地だけをみると隣家が建て込んでいるため、敷地から見た景観の編集が必要でした。
 それから工期を短く押さえる必要があり、また費用的な面もあいまって、単純な形態と素材のもつ質感テーマにして設計をすることにしました。
 1階を基壇とし2階に大きな漆喰塗の壁をつくり、それを核としてリビング・ダイニング・キッチン・書斎をめぐらせ、片流れの屋根をかけました。背景の山なりに屋根を傾斜させると景観のなかにとけこんだようになりました。まるで山に包まれたような落着いた感じです。
 屋根と外壁で形成されたハイサイドライトから射込む光は屋根裏と漆喰壁を照らし、さまざまな表情をつくります。自然のうつろいがつくる表情豊かな空間が、心のゆとりをもたらしてくれることを願います。
 期間としては確認申請(と風致地区申請、崖地条例関係)を含め約5ヶ月の設計期間と工期5ヶ月の計10ヶ月という短期間で完成させました。

□概要
所在地 :神奈川県鎌倉市
企画  :株式会社 GENエンタープライズ
設計  :野村サトカズ建築設計事務所
施工  :株式会社 安池建設工業
竣工  :2007年

構造規模:木造 2階
敷地面積:137.74m2(41.66坪)
建築面積: 46.38m2(14.03坪)
延床面積: 91.10m2(27.56坪)
敷地条件:第一種低層住居専用地域
     建築基準法代22・23条区域内
     第二種風致地区、歴史的風土保存区域
     埋蔵文化財包蔵地内
     道路幅員4,000mm 駐車台数2台

外部仕上:屋根/耐摩塗装ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺
     外壁/ラスモルタル下地ジョリコート吹付
     開口部/アルミサッシュ
内部仕上:床/レッドパイン無垢フローリング張
     壁・天井/生石灰クリーム左官塗

撮影  :野村 聡